본문 바로가기 대메뉴 바로가기

About YESAN

ニュ?ス及び公知事項

HOME お知らせ ニュ?ス及び公知事項

礼山郡、コウノトリ8羽の放鳥に成功!朝鮮半島におけるコウノトリ野生復帰の第一歩として記録 글의 상세내용

『 礼山郡、コウノトリ8羽の放鳥に成功!朝鮮半島におけるコウノトリ野生復帰の第一歩として記録 』글의 상세내용을 확인하는 표로 Title, Department, Registration Date, Hits, att., 내용으로 나뉘어 설명합니다.

Title 礼山郡、コウノトリ8羽の放鳥に成功!朝鮮半島におけるコウノトリ野生復帰の第一歩として記録
Department webmaster Registration Date 2015-10-12 Hits 2903
att.
 
礼山郡、コウノトリ8羽の放鳥に成功!朝鮮半島におけるコウノトリ野生復帰の第一歩として記録

-エコ農法を推進する住民と韓国教員大、LG常緑財団などの努力が結実-
-ファン・ソンボン郡守、歴史的な記録を国定教科書に収録できれば-

全国に2ヶ所のみ存在する、天然記念物であるコウノトリの繁殖地碑石の保存など、どの地域よりもコウノトリと深い関わりを持つ礼山郡の空に、ついにコウノトリが力強く飛び立った。

郡によると、9月3日、礼山郡のコウノトリ公園で開催されたコウノトリの放鳥が成功裏に終わったことで、2009年から取り組まれてきたコウノトリ野生復帰プロジェクトが実を結んだ結果となった。

朝鮮半島におけるコウノトリの復元に関する歴史の1ページを飾ったこの日の式典には、ファン・ソンボン郡守、ホン・ムンピョ国会議員、ユン・ソンギュ環境部長官、ナ・ソンファ文化財庁長、中貝宗治豊岡市長をはじめとする政府関係者や地域住民ら約3000人が参加し、自然に飛び立つコウノトリを見守った。

この日の式典では、コウノトリの成鳥6羽と幼鳥2羽の計8羽が自然に放たれ、6羽は放鳥用の木箱から、残りの2羽は現在生息している飼育ケージから、順次に天井を開放して放鳥された。

放鳥したコウノトリにはGPSが装着されており、これを通じて野生のコウノトリの移動経路などの多様な資料を収集し、生態環境に関する研究に活用される予定である。

郡は、2009年度に文化財庁によるコウノトリの里造成公募事業における対象地として選定された後、韓国教員大と協力し、コウノトリの復元に総力を傾けてきた。

郡は、2010年度から2014年度までに、約190億ウォンの事業費を投じて礼山郡光時面大里にある13万5669㎡の敷地に、野生化訓練場、生態湿地、オープン場、文化館などの施設を揃えたコウノトリ公園を造成し、昨年6月に韓国教員大から移転されたコウノトリ60羽と今年繁殖に成功したコウノトリの幼鳥14羽の計74羽を飼育している。

2014年6月9日の開園以後、約2万人の観光客が訪れるなど、郡の新しい名所として位置付けされたコウノトリ公園では、観光客がコウノトリに関してよりわかりやすく、そしてより身近に感じることができる様々なプログラムを開発及び開催しているため、年々その人気は高まっている。

ファン・ソンボン郡守は、「コウノトリが生息できる環境で人も暮らすことができるという事を信じて努力してくれた住民や復元事業の関係者、そして今日の式典に参加していただいた全ての方々に感謝の意を表します。」とし、「コウノトリは礼山郡のプレゼントであり、また大切な未来の生態資源として、今後、朝鮮半島で礼山で生まれ育ったコウノトリと自然で再会できる日が一日も早く来る事を心から声援してほしい。」とした。

また、「このような歴史的な記録を国定教科書に収録し、後代に残すことができるよう関係部署と積極的に協力していきたい。」とした。

list

게시판 이전 및 Next 링크

뉴스 및 공지사항_일문의 이전글과 다음글을 보여주는 설명하는 표입니다.

before
Next