본문 바로가기 대메뉴 바로가기

About YESAN

沿革

HOME ?山郡の紹介 沿革

沿革
百済時代 烏山県、任存城、今勿県と称する
新羅時代 孤山県、任城郡、今武県に改称
高麗時代 山郡、大興県、徳豊県に改称
朝鮮時代 礼山郡、大興郡、徳山郡に改称
1914. 01. 01 部令第111号(1913.12.29交付)により、礼山・大興・徳山郡を統合し、礼山郡を設置(12面)
1940. 11. 01 部令第221号(1940.10.23交付)により、礼山面が邑に昇格(1邑11面)
1973. 07. 01 大統領令第6543号(1973.3.12交付)により、挿橋面が邑に昇格(2邑10面)
1983. 02. 15 大統領令第11027号(1983.2.15交付)により、吾可面孝林里並びに月谷里の一部を月山里へ改称、及び左方里の一部を防牙里に改称し、挿橋邑に編入

礼山郡の沿革

元々百済の烏山県であるが、新羅第35代景徳王時代に孤山に改称され、任城郡、大興に属する県となり、その後、高麗太祖2年(919年)に「礼山」に改称された。

第8代顕宗9年(1018年)には天安府属であったが、後に監務が置かれ、朝鮮第3代太宗13年(1413年)に令によって県監となり、県内(郡内)、今坪、述谷、大支洞、豆村、笠岩、巨九火、于可山、五元里の9面を管轄したが、第26代高宗32年(1895年)に地方官制の改定によって天安郡の新宗面を編入、1914年の郡面廃合によって徳山郡の県内、羅朴所、大徳山、大鳥旨、場村、道用、古縣內、外也の11面と、大興郡の邑內、近東、一南、二南、遠東、居辺、内北、外北の8面、公州郡新上面の山北、栗溪、斗支、朴雲、白石、新泉、下泉の5洞里と新昌郡、南上面の等大、稼積、大召亭、孝子、鳳岩の5洞里と沔川郡、合北面の令上、令下の2里と菲方面の頓串里と馬山面の大谷里と洪州郡高南下道面の九城、元城、葛五の3里と洪州面の中里、稚寺面の稚寺洞飛地と青陽郡西上面の長存里、北下面の下北里の一部を含め、大述、鷹峰、吾可、新岩、徳山、挿橋、古徳、鳳山、大興、光時、新陽、礼山の12面に改編、管轄された。

1917年に任城面が礼山面に改称され、1940年10月1日の邑制の実施に伴い、礼山面が邑へと昇格し、現在、2邑10面175洞里を管轄。東には牙山市と公州市、南には青陽郡、西に洪城郡と端山市、北に唐津市、牙山市と隣接する。

大興郡の沿革

本来、百済の任存城或いは今州であったが、新羅第35代景徳王によって任城郡へと改称された。

高麗初期に大興へと改称され、第8代顕宗9年(1018年)に運州(洪城)属となり、第19代明宗2年(1170年)に監務となった。

朝鮮第3代太宗7年(1407年)に郡に昇格したが、同13年に令によって県監となる。第19代粛宗7年(1681年)に朴山にある顕宗の胎室を再び奉祝して郡へと昇格したが、その後また県となった。第26代高宗32年(1895年)、地方官制の改定に伴い郡となり、邑内、居辺、遠東、近東、外北、内北、一南、二南の8面を管轄していたが、1914年の郡面廃合によって礼山郡に編入され、邑内と近東の2面を合併して大興面に、一南と二南の2面を光時面に、遠東、居辺の2面を新陽面に、内北、外北の2面を鳳山(鷹峰)面にし、吾可面の一部地域ともなった。

徳山郡の沿革

本来、百済の今物県であったが、新羅第35代景徳王によって今武へと改称され、伊山郡の管轄となった。高麗初期には徳豊に改称され、第8代顕宗9年(1018年)に運州(洪城)属となったが、第19代明宗時代に監務が置かれた。朝鮮第3代太宗5年(1405年)に伊山ー元々百済の馬尸山郡で、新羅景徳王によって伊山へと改称されて郡となったが、高麗獻宗9年に運州属となり、その後監務が置かれたが、人が少なく産物も少ないために、徳豊と伊山を合併して徳山に改称、同13年(1413年)には令によって県監となった。第24代憲宗13年(1847年)に郡となり、場村、大鳥旨、大徳山、羅朴所、県内、内也、外也、道用、古県内、高山、居等、菲方串の12面を管轄。1914年の郡面廃合によって礼山郡に編入され、県内と羅朴所の2面を合併して徳山面に、大徳山、大鳥旨、場村の3面を挿橋面に、道用、古県内の一部、高山、居等の4面を古徳面に、内也、外也の2面と古県内の一部を鳳山面とし、吾可面と新岩面の一部地域ともなった。